■新着ページ紹介
チャイルドシートの基礎知識:賢い選び方と使い方 追加
赤ちゃんのベビーカーを選ぶために参考にしたいポイント 追加
子供が読んで楽しいかどうかが絵本を選ぶときのコツ 追加
オリジナルプチギフトをプレゼントしよう! 追加
お祝いに最適なプリザーブドフラワーについて 追加

昨今の子供服事情について

お洒落な子供服が最近は多い。デパートや百貨店に行けば子供服売り場には活気が満ち溢れている。
子供服を選ぶ親は子供よりも必死である。実際に着るのは子供なのに親の方が色やサイズ、デザインを決める。

まるで決定権は子供にはない。こんな光景もたまに見られる。

親が子供以上に情熱的になり、自分よりも高価な子供服を買い与える。
子供服には子洋服を着る供だけではなく大人までも魅了する力が潜んでいるのです。
甘い花の蜜のように、罠や誘惑のように人々を魅了します。

大人よりも高い値段の服がお店には並べられている。自分が子供の時代には想像も出来なかったお洒落奈な子供ドレスやT-シャツ、ジーンズなどが並べられている。
ブランドも日本国内のブランドだけではなく通販サイトで多く見られるようになった韓国子供服など、海外の子供服メーカーもどんどんと日本に進出して来ており競争が激化している。子供服業界もアパレル業界と同様で生き残りに必死なのである。

少子化、高齢化がショップに影響

最近の日本は少子・高齢化問題が深刻である。

子供の数が年々減少し、お年寄りの数は年々増加傾向にあります。子供の数が少なくなることはいろいろな面で悪影響があることが懸念されています。子供が減少すると子供をターゲットに販売を行なっている企業にとっては死活問題です。

子供服の大型店舗相次いで倒産するという経済状況が訪れています。
関西を中心とした大手子供服小売業者が自己破産をしたり、北陸を中心に展開していた某商事が民事再生法の手続きを行なうなど子供服を取り巻く経済状況は悪化しています。

何故立て続けに大きな子供服会社が潰れていくのでしょう。子供服だけではなく自営業、町工場、レストラン大型スーパーが潰れる時代です。その原因となり得るいくつかの例を挙げていきます。

倒産する理由とは

デフレが影響
デフレが続き低価格で勝負をする子供服メーカーが増えています。
ブランド専門の子供服への影響は心配されていませんでしたが不況が続くとブランド専門店も価格競争に巻き込まれ本来の価格よりも低く設定しなければ商品が売れない時代になってしまいました。
ブランド離れ
今までは少し高くても自分が気に入っているブランドの服を購入するのが当たり前でした。しかし、消費者が徐々にブランドに拘らなくなる傾向が増えていきました。この結果バーゲンやセールの時にしか売上が上がらなくなると言う厳しい状況を生み出しました。

以上で全てではありませんがこれらのような要因が子供服業界の大きなメーカーの倒産に繋がっていると考えられます。 それではどのようにすれば弱肉強食でもある子供服業界で生き残っていけるのであろうか。いくつかの考えをご紹介致します。

倒産回避の対策

あえて低価格で勝負するのではなく低価格との差別化を計り、自社ブランドの特徴やデザインを重視した商品を売り出していく。そこでしか手に入れることの出来ないオリジナル商品を発売して沢山のニーズを取り込む。

次は、原点に戻り店内での接客やサービスのクオリティーを上げる。子供服を売る事は客商売であるために店員やお店の雰囲気が重要なポイントとなってくる。店内が汚らしく、店員にもやる気が感じ取れないお店には誰も行きたくはないし、ましてリピーターになってくれるなんて有り得ません。
そこで、痒い所に手が届くような木目細やかで丁寧に優しい笑顔の溢れる接客やサービスを心がける。

最後は、子供服だけを取り扱うのではなく雑貨や生活用品など日常生活に必要となってくる商品も充実させて扱う。

こうした地道な努力が生き残るためには必要不可欠な要素になってきます。
日本の景気はまだまだ不安定で、雇用問題、就職難などマイナスのニュースが毎日テレビや新聞などで報道されています。この不景気の時代に子供服がどう戦いを挑み、生き残っていくか期待したいです。

おすすめWEBサイト 5選

クラスTシャツの作成 【クラスTシャツ応援団】におまかせ!

サバゲー 迷彩服

充実設備のおすすめシングルルーム|長野で合宿免許

横浜のお風呂・ユニットバスのリフォームなら|株式会社パーフェクトブルーム

イベントTシャツの激安作成